尾張旭市からシングルベッドの引越し(10月1日) | 引越し名古屋の赤帽

尾張旭市からシングルベッドの引越し(10月1日)

名古屋市東区のY様より、シングルベッド分解と組立の引越し依頼を頂きました。ベッドは、フランスベッドのシングルサイズで、引出タイプの木製フレーム。専用のベッドカバーと工具を準備。

尾張旭市は、1階からでマットにカバーをして、ボードを外しジョイントを確認。プラスドライバーで分解作業に取りかかりました。引出側のボルトだけが長めで、失くさないようボード側に付けておきました。お布団もいっしょに運びたいとの事で予備の布団袋を利用してもらいました。約20分で分解と積込みも終わり、Y様と一緒に東区へ。

シングルベッドの分解組立の引越し01

東区は2階で、引出し、ヘッドボード、サイドフレーム、ボード、エンドフレームと運び込み。組立を始めようとすると、Y様が「引出しを逆に取り付けてほしい」とのご要望。左右のネジを差し替えてボックスを逆にするだけなので問題なく替える事が出来ました。

シングルベッドの分解組立の引越し02

最後に、マットレスを運びあげ、カバーを外して設置も完了。あと、敷布団の処理をどうしたよいかと聞かれ、名古屋市の粗大ゴミの出し方を簡単にアドバイスさせてもらいました。
Y様、本日は赤帽のご利用ありがとうございました。

このページの先頭へ