昭和区からドラム洗濯乾燥機の引越し(8月27日) | 引越し名古屋の赤帽

昭和区からドラム洗濯乾燥機の引越し(8月27日)

今日は、名古屋市中区K様のご依頼で、日立洗濯乾燥機ビッグドラムBD-V2を昭和区から中区へのお引越しがありました。
9kgのドラム洗濯機は、幅73.5cm高さ103.7cm奥行き60cm重さ約89kg。毛布、キルティング、肩掛けパッド、台車を用意、ツーマンで対処。

昭和区のE様宅では、引越しの準備中。どのような状況かを確認。洗面台の奥にあり、両サイドの壁の隙間は手のひらの厚みでも入らないくらいに狭く、それでも何とか出せるだろうとアース線と給水ホースの取り外しを始めました。防水パンには据付脚があり、その上に設置してありました。まず、本体を手前に出して、洗濯機の後ろへまわり持ち上げねばならず、スペースを確保。

日立洗濯乾燥機ビッグドラム BD-V2引越し1

ホース、据付脚を取り除き本体を手前に出してみると、なんと洗面台が飛びたしているため、このままでは通すことが出来ません。きっと下からくぐらせて入れたんだろうと試みてみました。ところが今度は洗面所の入り口の幅が狭くて出すことが出来ず、元の位置に戻すことに。向きを変えるにはスペースが無くいろいろ考えた結果、洗面台の上に持ち上げて通したんじゃないか?それ以外考えられず、E様に聞いてみると、、、やはりそうやって入れたとの事。

日立洗濯乾燥機ビッグドラム BD-V2引越し2

心配なのは、壁紙や洗面台の事。洗面台は、毛布でカバー。ところが持ち上げるには電球とサイドのタオルかけに当たるため、これも取り外すことに。慎重に洗面台の高さまで持ち上げて、そこで横向きに方向をかえることに成功。ゆっくりと下に降ろし、横向きの状態で廊下まで出す事が出来ました。なんと開始から1時間10分が経過。さすがに大変な作業でした。

日立洗濯乾燥機ビッグドラム BD-V2引越し3

引越し先は、中区のK様宅まで。お話では、全く問題なく設置出来るとの事でした。・・・・ところが、こちらも折りたたみ扉の厚みの分に阻まれ、上手く入れる事が不可能。結局、扉を外す事に。ともあれ2時間を超す引越しとなりましたが、無事に設置は完了いたしました。

ご依頼を頂いたK様、本日は赤帽のご利用ありがとうございました。次回は、軽い物でご依頼お待ちしております(笑)。
また、今回も赤帽のTさんに協力してもらいました。いつもありがとうございます。本当に助かりました。

このページの先頭へ