荷作りについて | 引越し名古屋の赤帽

荷作りについて

荷作りに必要なものは、ダンボール箱、荷造り用のガムテープ(クラフトテープ)、荷作りひも、はさみ、冷蔵庫の中身を入れる保冷ボックス、エアーパッキン(プチプチ)、ストレッチフィルム、新聞紙、マジックペンなどです。(引越しガイドも参考にして下さい)

ダンボール箱は、ホームセンターで手に入りますが、安く済ませるためには、お近くのコンビニかスーパー、ドラッグストアーなどでタダでもらえますので必要な分を小まめに入手して下さい。

荷作りについての続きを見る »

家電製品について

ここでは、冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン、プリンター、オーディオ機器、レンジ、扇風機、暖房器具など家電製品の引越し準備についての説明します。

引越しの当日、あわてない為にも準備は大切です。準備不足で時間がかかると安く済む引越し料金もかえって高くなっちゃうこともあります。少しでも目を通してお役に立てて下さい。

家電製品についての続きを見る »

家具について

ベッド、本棚、収納棚、メタルラック、ハソコンデスクなどの組立式の家具の場合、基本的に分解しておきましょう。
分解出来ないタンス、チェスト、本棚、食器棚、テレビ台、カラーボックスは、中身を全て出しておきましょう。

家具についての続きを見る »

家電リサイクル品について

引越しの時に冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコンを処分する場合は、最寄りの電気屋さんか家電店(エイデン・ヤマダ電機・コジマ電気など)に処分依頼をします。また、有料で引取もしてくれます。

でも、その前に!リサイクルショプで売れるかもしれません。あまり期待しない方がよいですが、処分料金がかからないし、最悪タダでも引き取ってくれるかもしれません。ブラウン管のテレビだけは、家電店に持ち込んだ方がよいかもしれません。

家電リサイクル品についての続きを見る »

粗大ごみ・不用品について

引越しに付きものなのは「ゴミ」。また、普段使ってないもの、不用なものを勇気を出して処分するチャンスでもあります。

古くなったベッド、ソファ、タンス、チェスト、本棚、食器棚、ふとん、テレビ、電化製品、冷蔵庫、洗濯機、衣類、本など。

引越し当日は何かとバタバタするので、事前に片付ける事が出来ればとても楽になります。

粗大ごみ・不用品についての続きを見る »

引越し前日

引越し前日には、荷作りは終えておく事がベストです。引越し当日は運び出すだけの状態にしておきます。

冷蔵庫のコンセントは抜いておきます。

引越し前日まで使うもの

引越しの直前まで使うもの、ふとんなど寝具類は、布団袋を用意してすぐに片付けれるように。タオル、洗面道具、歯ブラシ、石鹸などは、ダンボール箱を一つ開けておいて最後に入れれるように。または手提げ袋でも用意しておくと便利です。
また、バケツと雑巾、掃除機は引越し当日まで使うので最後までだしておきます。
荷作りが済めば、荷物を部屋の隅にまとめておき、空いたところから掃除を済ませておきます。当日、荷物を置いたところだけ最後に掃除をすればOK。

引越し当日

荷作りしたダンボールは一か所にまとめておいて下さい。
荷物を運び出す入口通路には、何も置かない様にお願い致します。

ベッドマットは立てた状態でフレームなども分解した状態でまとめておいて下さい。

冷蔵庫、洗濯機、テレビ、オーディオ、レンジ、照明器具類など家電製品のコンセント、コード、接続類は外しておいて下さい。

引越し当日の続きを見る »

このページの先頭へ