運転免許証の住所変更と自動車ナンバーの登録変更 | 引越し名古屋の赤帽

運転免許証の住所変更と自動車ナンバーの登録変更

引越しをしたら忘れずに運転免許証の住所変更と自動車ナンバーの登録変更をしておきましょう。
これをしてないと、免許証の更新連絡が届かなかったり、身分証明証として使う時に何かと不便となります。また、自動車の納付書が届かないとか廃車や車を売ったりする場合に面倒な事となります。必ず変更手続きをしておきましょう。
引越し先がいままでのナンバーと異なる陸運局の場合は、ナンバープレートも変更になります。

運転免許証の住所変更

転入先の警察署の交通課か運転免許センターで住所変更の届け出をします。

必要なものは、

●印鑑
●運転免許証記載事項変更届
●運転免許証
●転居先の住民票または健康保険証
●申請用の写真
(県外からの転入の場合必要です)

届出期限は、転入日より15日以内。
同時に自動車の登録変更と車庫証明の変更登録も警察署で行うといいですよ。

自動車ナンバーの登録変更

転入先の陸運局事務所で手続きをします。

必要なものは、

●自動車取得税申告書(陸運局・運輸局・支局にあります)
●自動車税申告書(陸運局・運輸局・支局にあります)
●手数料納付書
●車庫証明
●車検証
●転居先の住民票
●印鑑

届出期限は、転入日より15日以内。

軽自動車の住所変更

最寄りの軽自動車検査協会で行います。

必要なものは、

●自動車検査証記入申請書(軽自動車検査協会にあります)
●軽自動車税申告書(軽自動車検査協会にあります)
●車検証
●転居先の住民票または印鑑証明書
●ナンバープレート

国民健康保険の届け出

転入先の各市区町村の役所で、年金課保険係または支所へ届け出。

必要なものは、
印鑑。
転出証明書(前住所地で転出手続きをされた方)。
保険証(加入先世帯の国民健康保険)。
本人の顔写真付きの身分証明書(運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード等公的機関が発行したもの)
口座振替の場合は、引落し口座の通帳を用意しておくとよいです。

国民健康保険の届け出の続きを見る »

電気・ガス・水道の手続き

引越しが決まったら電気、ガス、水道の使用停止の申し込みをします。これらは約2週間前にはしておきましょう。インターネットからも簡単に出来ます。また同時に使用開始の手続きをすれば安心です。インターネットが苦手な方は、最寄りの営業所に申し出るか、領収書に記載されている電話番号へかけてみてください。
ガスの場合は、引越し先で安全点検を行うため、立会が必要となります。引越しの日時を連絡しておきましょう。

電気・ガス・水道の手続きの続きを見る »

新聞・定期購読の解約について

新聞や定期購読をされている方は、最低でも1か月前には解約の申し出をしましょう。

意外と契約している新聞店など連絡先が分らないものです。領収書などがあればよいのですが、口座引落しの場合は、どこへ連絡したらよいか分らないものです。契約書があれば確認して下さい。確認できない場合は、新聞配達員に聞いてみるのもよいでしょう。

その時、停止日をはっきりと伝えましょう。また、申し出を請けた方の名前を忘れずに記しておきましょう。解約承諾書などがあればよいのですが、電話とか口頭で済んでします場合が多いので、トラブル回避のためにも何か書面があるとあとあと問題となりません。

このページの先頭へ